梅毒患者 今年4000人超、5年で5倍に急増中!

「梅毒」は昔の病気と思っていました。
6年くらい前のドラマで「JIN-仁-」の第5話で
梅毒をテーマとした内容がありました。

%e7%b4%b0%e8%8f%8c%e3%83%bb%e3%83%90%e3%82%af%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%b9

 

仁先生の現世の恋人とそっくりの「野風」
その野風が3~4期の梅毒の末期患者の
先輩花魁夕顔の治療を仁先生に依頼した内容と
思います。

 

 

江戸時代の末期でも梅毒というのは、
その当時は不治の病されていました。

 

 

江戸時代は、現世のような抗生物質は存在していません。
ドラマ設定では仁先生はペニシリン抽出に成功した
設定になっています。

 

 

江戸時代は水銀の吸入や砒素を含む製剤(サルバルサン)
の使用など、かなりの激痛と危険を伴う治療法が
行われていました。

 

 

梅毒はもう昔の話、今の時代にない病気とされていますが、
急激に増えています。5年で5倍、1年間に4000人以上と
ドラマで「JIN-仁-」の設定と安心してはいられません。

 

 

国立感染症研究所感染症疫学センターので報告書によると

都道府県別では東京が最も多く、次いで、大阪、神奈川と、
大都市順に梅毒患者 今年4000人超、
5年で5倍に急増しています。
これはもうドラマの世界ではなくなっています。

%e5%95%8f%e8%a8%ba%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc1

 

男女の比率としては3:1の割合と
注目すべき感染症としてまとめられています。
これは誰でも情報を取得できます。
出典: http://www.nih.go.jp/niid/ja/idwr.html

 

 

国立感染症研究所では最新の「注目すべき感染症」
インフルエンザと一緒に報告されています。

 

 

今はドラマで「JIN-仁-」のように抗生物質ペニシリンで

治療するのではなく、専門医もたくさんいます。
性感染症の梅毒を予防するの1つとして、「コンドーム」
があります。そのほかは早期に治療が有効としています。

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab

 

ドラマで「JIN-仁-」のように、先輩花魁夕顔のように
末期の梅毒の3~4期では手遅れになります。

 

 

3~4期の梅毒になると内臓や皮膚等に腫瘍が出来それが壊死をおこし。
尿道や肛門等にも同様の症状が出てくるため排便や用足しの度に
苦痛を伴います。

%e6%b2%bb%e7%99%82%e5%99%a8%e5%85%b7%e3%83%bbmri

 

厚生労働省は「コンドームを適切に使用して、
症状が出たら早期に治療してほしい」と呼びかけています。

 

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1332869753
出典:http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2931567.html

 

 

◎——————–メルマガ紹介———————–◎

※健康・美容・食生活・運動の見直しメルマガはこちら

http://goo.gl/UxvsqD

◎——————————————————–◎